阿含宗東海本部文殊菩薩護摩法要とは?

阿含宗東海本部管轄の三河道場や浜松道場をはじめとしていろいろなところで行われている法要が、「文殊菩薩護摩法要」です。文殊菩薩とは、「三人寄れば文殊の知恵」で有名な智慧の菩薩であり、この護摩法要恒例行事となっています。阿含宗東海本部における文殊菩薩への護摩法要は、受験シーズンを控えている1月や2月に行われます。

受験生をはじめとしてその文殊菩薩の力を借りることで、祈願成就を果たそうというものです。赤々と焚きあげられた護摩の炎に、信徒や参加者は、智慧無尽、学業順調、受験合格などを一身に願いを込めて祈願します。そのほかには阿含宗僧侶による法話や導師による智慧無尽 文殊菩薩 如意加持が行われます。このように、文殊菩薩への祈りといった修行を通して大願を成就させることができるような取り組みも積極的に行われています。

阿含宗 東海本部
http://tokahonbu.net/

店舗名 
  • 住所
  • アクセス
  • TEL
  • FAX
  • 営業時間
  • 定休日
  • URLhttp://tokahonbu.net/

関連記事

合資会社石亮組

合資会社石亮組は大正元年に創業し、常滑市を中心に多岐にわたる公共事業を展開しています。特に道路や舗装工事に関しては、地域社会の発展に欠かせない存在です。同社の施工は、その長い歴史と確かな技術に支えられ…

[その他業種][その他_法人・企業]0views